産地の海抜は800~1400あり、日照時間が短く朝晩には霧が立ち込め、気温差が大きいため、苦みが少なく甘さが際立つお茶に仕上がリます。竹崎鄕石棹茶区のものは特に「阿里山珠露茶」と呼ばれています。これは、蔣経国(蔣介石の息子)総統時代の副總統.謝東閔が石棹を訪れた際、当地で飲んた高山茶が美味であったことから「珠露茶」と名つけたことに由来します。甘味が濃厚で、長く口の中に香りが残ります。

 

産地:台湾嘉義県阿里山鄉等

包,    裝:アルミ袋
內容量:50g

阿里山高山茶(アーリーシャンガオシャンチャ)

¥4,400価格