鹿谷鄉彰雅村の凍頂山にある茶園は標高300~800m。凍頂烏龍茶は、台湾烏龍の祖といわれる林鳳池が科挙受驗で大陸に行った際、福建省から36本の茶樹を持ち帰ったことが始まりとされています。そのあと人気が高まって、今では他地域で作られたものも「凍頂烏龍茶」の名で売られるようになリ、品質に大きな差が出ています。オリジナルの凍頂烏龍茶には濃厚なフローラルな香りと、トロリとした甘さがあります。

 

産地:台湾南投県鹿谷鄉

包    裝:アルミ袋
內容量:50g

凍頂烏龍茶(ドンディンウーロウチャ)

¥2,900価格